【総理大臣杯1回戦】北海道教育大学岩見沢校vs常葉大学浜松キャンパス 試合結果・インタビュー【9/1】

9月1日に行われた『2017年度第41回総理大臣杯全日本大学サッカートーナメント』1回戦 中京大学vs福岡大学の試合結果とインタビューをお伝えいたします。

 

試合結果

 

【1回戦】 9月1日(金)

北海道教育大学岩見沢校 1(0EX1)2 常葉大学浜松キャンパス
@西京極総合運動公園陸上競技場

IMG_0383

フォトレポート https://goo.gl/photos/aSrio3BUe9n9GSFP9

スタッツにつきましては、関西学連のHPをご覧下さい。

 

 

浜松から約100人のサッカー部員と大勢のOBOG・関係者が駆けつけた1戦。
前半は両チームともシュートを打つものの決定機を作る事が出来ず、膠着状態が続いた。後半開始早々、常葉大浜松の入りが悪い所を北教大岩見沢がつく。46分には左サイドからのクロスをヘディングで合わせられるが、これはGK中村がファインセーブを見せる。しかし、50分にコーナーキックから失点する。このままでは追われない常葉大浜松は60分に土井のコーナーキックから長島がヘディングで合わせ同点。その後は両チームともシュート放つも得点ならず延長戦に突入。
すると、延長前半に左サイド水野からのクロスを途中出場の野ヶ山が右足で合わせ逆転に成功する。その後はその1点を守り抜き、常葉大浜松が9月4日の神奈川大学との2回戦に駒を進めた。

 

 

 

監督・選手インタビュー

IMG_0433

澤登正朗 監督

 

―この試合を振り返って
延長までいきましたけど、その中でも勝つことが出来たのは非常に嬉しいです。勿論、ゲームプラン的には立ち上がり上手くいい形で先制点を取ることが出来ればもっと楽な展開に出来たと思うんですけど、ただ、逆に我々のストロングでもあるセットプレーで相手にやられてしまったという中で、ここからどうなるかなと思ったんですが、すぐに立ち直ることができ、それから得点して同点に追いついたということで、非常にそこからのゲームプランは少しラフなボールが前線にいきましたけど、上手くサイドから突きながらチャンスは作れていたのかなと感じます。

 

―センターバックの2人(渡邊翔太、長島來雅)が良いプレーを見せていたが、監督としてはどう感じたか
決してヘディングが得意では無い渡邊翔太があれだけ集中しながら相手に自由を与えない、ヘディングであったり1対1の強さであったりという所は、非常に集中してやっていたなと。
長島來雅に限ってはそこがストロングの部分。相手も高さはあるけどその上から叩き込めるヘディングの強さというのは我々にとっては武器でもあるので、クリアだけじゃなくて、セットプレーの所でもヘディングで決めているという中では、その高さ、身体の強さという部分で2人のセンターバックは、特に身体を張りながら頑張ってくれたのかなと思います。

 

―次の神奈川大学戦について
やり方は一切変わらないので、神大戦に向けてどう分析するのか、それから自分たちの少しウィークな部分を改善する。例えばセットプレーの失点であったり、攻撃の部分ではサイドからのクロスに対しての入り方であったりとか、クロスの質の部分であったりとか少しでも改善することが出来れば、もう少し得点という所の臭いは嗅げるのかなと思うのでそこの改善はしたいです。

 

 

IMG_0440

FW26 野ヶ山 春輝

―この試合を振り返って
本当に勝てて良かったです。

 

―途中交代での出場となったが、監督からの指示は?
とりあえず、自分の特徴であるスピードを活かし点を取ってこいと。

 

―得点シーンを振り返って
いつも練習で「段差をつけろ」と言われていて、あの時もしっかり段差をつけれてボールも来て、一回打って相手に当たってしまったんですけど、そのあと自分の所にこぼれ球がきたので押し込むだけでした。

 

―次の神奈川大学戦について
次もみんなの力で団結して、目標であるベスト8に行けるよう頑張りたいです。

 

 

IMG_0445
MF14 酢崎 祥人

―この試合を振り返って
素直に嬉しいんですけど、初戦ということもあり固さがあって自分たちのサッカーが出来なかったという所は反省点かなと思います。

 

―去年も出場しているが、今大会はどのように臨んでいるか
そんなに変わらず、自分たちのサッカーをして、相手がどうこう関係なく自分たちがやりたいことをやって勝つことをいつも意識しているので、いつも通りやろうと言っているんですけど、やっぱり全国慣れしていない、こういう舞台(総理大臣杯)の経験者が3人しか居ないので、そこはチームが若いなと思います。

 

―チームを鼓舞する声が良く聞こえるが、意識していることは?
今年のチームは皆、真面目で言うことがないので、あとは乱れている選手が居れば気にかけるぐらいです。

 

―2回戦に向けて
常葉大学になってから2回戦を勝てていないので、しっかりここを超えて新たな歴史を刻めるようにしていきたいです。

 

 

 

【2回戦】 9月4日(月)

 

(15:30~) 神奈川大学 – 常葉大学浜松キャンパス
@西京極総合運動公園陸上競技場

 

 

12年ぶりに東海王者として出場している今大会。2回戦の壁を超えて、大学として初のベスト8進出となるか。

 

取材/文:広報部

 

20