【総理大臣杯2回戦】順天堂大学vs東海学園大学 試合結果・インタビュー【9/4】

9月4日に行われた『2017年度第41回総理大臣杯全日本大学サッカートーナメント』2回戦 順天堂大学vs東海学園大学の試合結果とインタビューをお伝えいたします。

 

 

試合結果

 

スタッツにつきましては、関西学連のHPをご覧下さい

【2回戦】 9月4日(月)

(18:00~) 順天堂大学 1-2 東海学園大学
@キンチョウスタジアム

☆フォトレポート

昨年の総理大臣杯で準V、今年の関東王者である順天堂大に勝利した東海学園大
昨年の総理大臣杯で準V、今年の関東王者である順天堂大に勝利した東海学園大

 

 

前半は東学らしい攻撃で2点を奪ったものの、後半は自慢の攻撃は鳴りを潜めシュート数0本と抑え込まれた。しかし、GK升形を中心とした守備陣が順大の猛攻を耐え凌ぎ、昨年度準Vの順大に勝利した。

 

選手インタビュー

 

IMG_0231

DF5 本多琢人

―試合を振り返ってみて

まず勝てたことが嬉しいです。全体的に押し込まれる時間が長くて、苦しかったが、どこかでチャンスがあれば点を狙いに行こうという思いで試合に臨んだ中で思った流れになったと思います。
攻撃陣もしっかりと守備を頑張ってくれていたので、最後はディフェンスラインとGKでしっかりシュートブロックをしようという意識でやっていたので、1失点したのは悔しかったがそれ以外はいい内容だったと思う。

 

―準々決勝、流経大の印象と意気込み

パワフルでスピードもかなり速い印象で圧倒されると思うが、今日のようなしっかりとしたブロックを作って、自分たちのサッカーが少しでもできればいいと思います。

 

 

IMG_0054

FW11 榎本大輝

―試合前のモチベーションは

相手は各上なので、気楽にチャレンジしていこうかなと思って試合に入りました。

 

―先制点のアシストを振り返ってみて

いいタイミングでサイドに入って、仕掛けてみようかなと思って仕掛けて、後は中が空いていたのでパスするだけでした。

 

―2点目のシーンは

2点目も得意のドリブルから入っていい感じで相手を抜いてシュートを狙おうかなと思ったんですが、相手のブロックが入っていたので中にクロスを上げるつもりで上げたら相手に当たって、GKの逆もつけたので運も味方にすることが出来ました。

 

―試合を振り返ってみて

全体を通してやはり攻められることが多くて、それでも厳しい時間帯でしのぐことができた。GK(升形)が当たっていたことも大きいと思うし、みんなで頑張れたので良かった。これから上に行くにつれて自分たちももっと攻撃しないとこのままじゃ勝ち続けられないのも現実なので、そこを追求していきたい。

 

―流経大戦に向けて

流経大も強いので、またチャレンジャーとして闘いたい。今回はベスト4を目標にしているので到達できたらなと思います。

 

 

 IMG_0056

FW14 武田拓真

―先制点について

順大相手に、試合前からもボールを持たれるというのはわかっていたので、その中で少ないチャンスを決めきれるか、我慢できるかと思っていた中で、安原さんも言っていたが、相手のスキをついていけと言われていました。そのチャンスをエノがボールを持ち出してくれて自分は中にいていいパスが来たので、トラップをしようか迷ったが相手も来ていたのでダイレクトで思い切り振りぬいて後はふかさないようにコースを狙いました。

 

―今日は右サイドでしたね

榎本はサイドに張ってプレーするタイプですが、自分はスピードも特別あるわけではないし、中央でプレーするタイプなので、パスが入らない時間帯も多かったが、得点シーンは中に入って取ることが出来てよかったと思います。

 

―交代後はどのような思いで試合を見ていましたか

交代後は押し込まれる時間帯も多かったが、ピッチにいるときも外から見ても相手が焦っていることが分かったし監督からも最後にどれだけ体を張れるかと言われていたので粘り強くやれていたと思います。

 

―流経大戦に向けて

フィジカルが強い印象と迫力がある印象があります。それでも自分たちのストロングである細かい動きには慣れていないイメージがあるのでそこをどれだけつけるか。そして先制点を取りたいと思います。

 

 

IMG_0165

GK1 升形康太

―試合を振り返って

とにかく応援が後押ししてくれて、自分たちが持っている力以上のものを出せたかなと思います。

 

―守備の時間が多かったが

攻められる時間が多くなると気持ち的にも落ち込んでくると思っていたので、そこは自分が明るい声で前向きに、みんなで守れるように雰囲気づくりや言葉がけを気にしながら最後は自分のところで防げれたらなという思いでうまく守ることができました。

 

―自身の出来を評価してください

GKとして1失点しているということは100点満点ではないと思います。しかしそれに近いパフォーマンスを見せることができたと思います。
1つターニングポイントとして1番最初の前半にクロスバーに当たった時のシュートを触れたことが、今日はキテると思いました。そこから、しっかり防ぐことが出来ました。

 

―流経大戦に向けて

パワーやフィジカルのチームだということは見て分かったので、1対1で勝てないところは全体でカバーや声をかけながら、守備の場面で数的優位を作るために声をかけていきたいです。そしてこの流れに乗っていきたいです。

 

―応援団へメッセージをお願いします

今日は遠い中、ナイターの試合だったにもかかわらず応援に来てくれてありがとうございました。すごく力になりました。また応援よろしくお願いします!

 

 

 

【準々決勝】 9月6日(水)

(18:00~) 東海学園大学 – 流通経済大学
@J-GREEN堺・メインフィールド

 

 

 

東学が掲げた目標は「ベスト4」。関東の強豪・順大を破りあと一歩の所までやって来た。準々決勝の相手も同じく関東の強豪である流経大となるが、インパクトを残し、そして目標となるベスト4進出なるか

 

 

取材/文:広報部

 

20